黒石図書館づくり市民の会ブログ・『本こ』

 歴史と文化の薫り高い街、黒石市に図書館の設置を願う「黒石図書館づくり市民の会」が運営活動や地域情報等を発信するブログです。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

黒石図書館づくり市民の会・学習研修会 

12月18日(金)午後1時よりスポカルイン黒石:中会議室に於いて、黒石図書館づくり市民の会・学習研修会「荻原幸子先生との意見交換会」を開きました。
荻原幸子先生は、専修大学文学部人文・ジャーナリズム学科の教授で、司書課程科目を担当、また公共図書館経営に関する研究をされておられます。

学習研修会

公共図書館のあり方について住民間で合意形成をするという観点から、図書館関連の住民団体を対象とする研究に取り組んでおられる先生が、「図書館年鑑2014」で当会が「黒石市立図書館設置条例」の制定を求める陳情を市議会議長宛に提出したことや、このブログにより当会の活動内容を把握されて連絡を下さり、今回の意見交換会の運びになりました。

学習研修会

先生を囲んで当会から会長を含め9人の出席で、当会の創立のきっかけや、活動内容、活動実績、市長・行政・議員との関係などの質問が先生から出されました。当会の委員からの質問に対して助言やお答えを頂き、2時間半、大変有意義な交換会を持つことができました。
私たちの知らないところで活動について興味を持って下さっている方がいらっしゃるということだけでもありがたいことと感じています。
荻原先生には心から感謝申し上げます。

学習研修会


雪のないクリスマスイブです
本日12月24日(木)午後1時半より黒石市図書館建設基金等を黒石市に寄付致しました。
内訳は今年の古本市の売り上げの中から、黒石市図書館建設基金に4万円、スポカルイン黒石図書コーナーへの献本代13944円(NHK「趣味の園芸・すてきにハンドメイド」28年1月~12月までの1年分)です。献本については、図書コーナーの利用者の要望が多い雑誌ということで、平成22年9月から続けています。会長、副会長、事務局長が髙樋黒石市長に謹呈致しました。

折しも本日の東奥日報の社説に、「つがる市」が市立図書館の設置に向けて2016年度中ごろを目度に動きを早めているという事を載せていました。県内で図書館が無い市はこの事により黒石だけになってしまいます。もっとも最近は図書館があっても問題を抱えている所があり、現在は指定管理者制度を取っている所でも住民の意見が反映されなくなっている事が、先の荻原先生との意見交換会でも出されました。そのように図書館の在り方が問われる中でのイオンモール内に設置される「つがる市」の図書館、興味の持たれるところです。
我が黒石市の決断は果たして何時になるのか・・・?

  by geko
スポンサーサイト

| 活動情報 | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://books2011.blog.fc2.com/tb.php/112-09b2e3cd

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>